MENU

PAGE TOP

FUKUSHIMA FIREBONDS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【戦評】仙台の全勝を阻止!ファイヤーボンズが接戦に勝利!

【戦評】仙台の全勝を阻止!ファイヤーボンズが接戦に勝利!

 

いつも福島ファイヤーボンズを応援いただきありがとうございます。

本日は昨日同様の接戦に勝利し、仙台に1勝1敗としました。

順位も3位です。

 

■第1Q 14-13

開始から仙台は柳川がナッシュを徹底マーク。外角を決めて先行するとナッシュのオフェンスファウルを導く。福島も狩俣がホワイトをマークしていく。ボイキン中心にペイントエリアから攻める仙台に対して福島はナッシュが個人技で打開を図る。それでも菊池らが好ディフェンスを見せてエースのリズムを狂わせる。お互い守備でうまく入りロースコアの展開。

 

■第2Q 31-35(17-22)

福島はトリースのインサイドにボールを集めていく。仙台は福島のゾーンDFを前にインサイドに当てて外から巧みに決めていく。ナッシュに好きにさせない仙台ディフェンスだが、トリースに速攻を決められるなど互角の攻防。お互い外角を決める中、良い守備を見せる福島が逆転して後半へ。

 

■第3Q 52-52(21-17)

開始からナッシュの個人技で先制するのは福島。友利の外角にリバウンドも奪って良いスタートを切る。仙台はホワイトを厳しくマークされてしまう。それでもエースの仕事を果たしていく。福島もナッシュが個人技で巧みに決める。ペイントエリアを守る仙台は外もチェクしてリードを広げる。しかし、終盤にナッシュの外角で同点に追いつき最終Qへ。

 

■第4Q 67-69(15-17)

仙台が開始15秒で片岡の3Pで先制する。ゴール下を厳しく守る福島はオフェンスでもインサイド主体に攻めていく。仙台はバチンスキーとボイキンのコンビプレイでペイントエリアから攻める。一進一退の中、ナッシュの個人技で加点する福島。仙台は終盤に痛恨のターンオーバーで福島に逆転のチャンスを与えてしまう。片岡が残り6秒にフリースローを3本獲得して同点のチャンスを得るも1本外してしまい万事休す。

 

■全体

開始から一進一退の攻防の中、ナッシュが後半に個人技で加点していった。仙台はボイキンと片岡、菊池が奮闘するもエースのホワイトがファウルトラブルとなり、終盤にはベンチに。最後同点のチャンスもミスから掴み切れず。福島が勝利した。

 

■観客数:1537人

 

仙台

南三陸町で福島と2日間いいファイトの試合ができて良かった。まもり合い、フィジカルの我慢の時間帯が長く、選手はよく頑張ってくれたが2点届かなかった。今日の負けからしっかりと立て直して、また次の試合に臨んでいきたい。

福島

昨日・今日と大きな意味のある試合に参加でき光栄に思います。自分たちが大切にしていることを40分間できるようにならないといけないし、自分たちと向き合わなければいけない。次のホームの試合では、また観に来たいと思ってもらえるようないい試合をしたい。

■戦評協力:株式会社マーススポーツエージェント