MENU

FUKUSHIMA FIREBONDS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【戦評】接戦、トリプルオーバータイムも京都に敗戦!

【戦評】接戦、トリプルオーバータイムも京都に敗戦!

 

いつも福島ファイヤーボンズを応援いただきありがとうございます。

昨日は、気の抜けない試合でした。トリプルオーバータイムも勝つことができませんでした。選手の集中力には拍手を送りたいです。

戦評です。本日は勝つ!

 

■第1Q 17-16

福島は京都の守備に苦しみ、最初の得点から続かない。京都はコッツァーが連続で得点しリード。福島・枡田の3Pから外角が決まり、福島が先行する展開に。京都も終盤にコッツァーが難しい3Pを沈め、食い下がる。

 

■第2Q 34-29(17-13)

両者ともに、加点できず苦しい展開。福島は友利の3Pから、狩俣らの3Pが決まりだす。さらに、福島はナッシュの得点で差を広げる。京都は、苦しい中フリースローで加点していく。京都・村上が終了のブザーと共に得点し、点差を5点に留めた。

 

■第3Q 53-49(19-20)

福島はナッシュ、京都はパルマーを基点の攻撃。福島・狩俣が3Pを次々に決める。一方の京都もパルマーが得点を積み重ね、流れを譲らない。残り1分を切り、福島・テイラーが3Pを決めるなど、福島がわずかにリードを保つ。

 

■第4Q  65-65(12-16)

京都はコッツァーらが得点し残り2分で6点リードと優位に。しかし、福島・枡田が3Pを沈め、互角の攻防。終盤、福島はトリースのリバウンドでチャンスを繋ぎ、残り5秒、ナッシュが値千金の同点となる3Pを沈め、延長へ。

 

■OT1  74-74(9-9)

開始から福島は、狩俣、野上が3Pを沈め、突き放しにかかる。京都はフリースローで繋ぐと、村上の得点で2点差に迫る。残り1秒、京都・村上が接触しながらも得点し同点とした。

 

■OT2  83-83(9-9)

京都が3点リードで迎えた残り2分、福島が狩俣の3P、トリースがリバウンドから押し込み会場を沸かす。残り10秒を切り、京都・パルマーが3Pを沈める。福島は、フリースローを決めきれず、トリプルオーバータイムへ。

 

■OT3  93-95 (10-12)

京都リードのなか、福島・テイラーが攻守で活躍し逆転。京都も残り40秒、コッツァーの得点で更に逆転。絶好調の、福島・狩俣がこの場面でも冷静に3Pを沈める。勝敗が喫したかに思われたが、京都・村上が切り込み同点。最終盤にも、京都・村上がフリースローを決め、京都が大接戦を制した。

 

■全体

両者ともに流れを譲らず、引き締まった展開が続き、第4Q~延長にかけては1つ1つのプレイが、目の離せない試合となった。惜しくも、福島はフリースローなどの、ほんのわずかなミスが直接負けにつながる結果となった。大接戦をものにした京都は、破竹の7連勝と

した。

■観客数:1277人

 

■戦評協力:株式会社マーススポーツエージェント

 

京都 浜口コーチ
グッドゲームだった。よく我慢もしたし、チームで戦ったことが、最後勝ちに繋がったかと思います。

福島 藤田コーチ
このホームゲームのタフなスケジュールとファウルも重なりタフな状況になったが、最後まで戦いぬいた選手たちを誇りに思います。明日、しっかりエクスキュートして勝てるように頑張ります。

 

 

■ベストプレイ

第4Q 残り0:03 福島・ナッシュの3P

OT3  残り0:35 福島・狩俣の3P

OT3  残り0:02 京都・村上のフリースロー