MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 福島ファイヤーボンズ「財務内容発表記者会見」につきまして

[2018.12.06] 福島ファイヤーボンズ「財務内容発表記者会見」につきまして

福島ファイヤーボンズは、11月22日(水)の「Bリーグのクラブ決算概要」の発表をうけ、現状の進捗と今後の方針を発表する為、「財務内容発表記者会見」を12月6日(木)に、福島県庁記者クラブで行いました。

リーグのクラブライセンス交付規定により、三期連続赤字決算のチームには、シーズンの成績に関わらずB2ライセンスは交付されません。2期連続赤字決算の福島ファイヤーボンズは、B2クラブライセンスを維持する為に、今期黒字化を必達しなければいけません。

 なお、現状の進捗に関して、予算は達成しておらず、予断を許さない状況です。

スポンサー、チケット予算は必達目標です。シーズン開幕直後は、昨年に比べて平均観客動員(昨シーズン1,441人、今シーズン1,104人)が伸び悩んでおります。今後は、これまで以上来場者の満足度が高い運営を心掛けまた、新規来場者を開拓すべく新企画のチケット戦略を立ち上げ一人でも多くの方々に来場して頂き、チケット予算を達成いたします。

福島ファイヤーボンズは、財務健全化の基盤をつくり、地域に必要となるクラブになるため今期必ず黒字化し、クラブを継続していきます。

 引き続き、ご声援、ご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。


 
財務数値推移・今期予算 ・スポンサー 年間目標 95,500千円 11月末累計実績 84,960千円
・チケット  年間目標 42,500千円 11月末累計実績 15,372千円(12/30試合消化)
有料率に関して 2017-18シーズン 51%   2018-19シーズン 63%

・今シーズンの予算の考え方
  今シーズンは、黒字化必須の観点から予算を作っています。
  その為、シーズン運営の中でコストダウン(興行演出、商品開発等)を行いながら事業を推進しております。
  選手達は、毎試合勝利を目指し全力で戦っており、またフロントとしても会場に来場して頂いたお客様に楽しんでいただける様に昨シーズン以上に努力をして参ります。


以下、新たなチケット企画を運用します。



1. JBAオフィシャルメンバー割引制度開始

福島県バスケットボール協会登録者(選手、審判、コーチ)
 JBAオフィシャルカードを当日券売場で提示の場合、2F自由席を500円にて販売
 適用期間:12月12日(水)宝来屋郡山総合体育館
        1月5(土)、6日(日)~4月までのホームゲーム全試合


JBAのカードにつきましては以下のページをご確認ください。
http://www.japanbasketball.jp/point_card/
 

2. アップグレード新企画

 2F自由席から1F自由席のランクアップへ
 ・3月1日(金)、2日(土) あいづ総合体育館
 ・3月16日(土)、17日(日)福島市国体記念体育館
 ※2F自由席から1F自由席へ通常1,500円のランクアップ料金を1,000円にします。


ホームゲームスケジュールはこちらのページをご確認ください。

https://firebonds.jp/schedule/
 

3. 福島ファイヤーボンズを知っていただくために

 ・12月8日(土)にパブリックビューイングを開催
  時間:15:00~ 入場無料
  場所:郡山市 モルティ1Fロッテリア前
  福島市 スポーツバーPhantom
  ※B.LEAGUEの試合を知って頂ければと存じます。

 ・12月9日~30日のアウェイゲーム
  場所:福島市 スポーツバーPhantom

    
時間等の詳細はこちらのページをご確認下さい。

https://firebonds.jp/news/detail/id=11705

 ・チラシ配布
  12月2日(日)に郡山市内の商業施設にて約1600枚配布。
  12月~2月に小学校訪問実施(子供達とのふれあい)

 

4. その他

 現在、後半戦に向けて新規企画を作っています。今後、随時発表を行ってまいります。