MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 福島ファイヤーボンズ 2019-20シーズンB.LEAGUEクラブライセンスにつきまして

[2019.03.12] 福島ファイヤーボンズ 2019-20シーズンB.LEAGUEクラブライセンスにつきまして

いつも福島ファイヤーボンズへ温かいご声援ありがとうございます。

本日、2019-20 シーズン B.LEAGUE クラブライセンス 第 1 回判定結果についての発表がありました。
福島ファイヤーボンズは、2019-20シーズンに関して、B2ライセンス判定となりました事をご報告致します。

今シーズン、福島ファイヤーボンズは3期連続単年度赤字決算を回避すべく会社として業務を進めて来ました。この間、株主、スポンサー、ブースターの皆様には多大なご協力を頂き運営を行って参りました。
  
今回、B2ライセンスを取得出来たのもB.LEAGUEを始め株主・スポンサー及びブースターの方々から大変多くのご指導・ご鞭撻を頂いた結果であり、本当に感謝申し上げます。福島ファイヤーボンズが目指すB1ライセンスに向けて、まだまだ課題が多いですが一歩一歩前進していき、近い将来はB1ライセンスが取得できるクラブとなれるように努力をして参ります。B.LEAGUEからは、B1ライセンス取得に向けては、観客動員数向上によるチケット収入増、スポンサー収入の向上の必要性を指摘されております。今以上の経営安定化を図、2019-20シーズンの事業費(売上)を確保すべきとのご教示を頂きました。

昨日で東日本大震災から8年が経過し「福島をスポーツで元気に」を合言葉に2014年に福島ファイヤーボンズを設立してから5年が経過しました。設立した当初の思いを再確認出来たと共に、今後10年、20年と福島という地に福島ファイヤーボンズが存在し続けて子供達や県民の方々にスポーツで笑顔を与えていく存在となるべく邁進して参ります。今後とも福島ファイヤーボンズをよろしくお願い致します。

2019-20シーズンに向けて
2019-20シーズンに関して、B2クラブライセンスとなりましたが、2020-21シーズンに関しては、2019-20シーズンの実績が評価されます。新シーズンに向けて、フロントとして準備し、経営を安定すべく売上を確保していく事を目標とし邁進していく所存でございます。
2018-19シーズンは、ホームゲームが7試合残っております。一人でも多くの方々に来場して頂き選手達へ皆様の大きなご声援を頂ければと存じます。是非、お友達、お知り合いの方々をお誘い頂き、スポーツ観戦をお楽しみ頂ければ幸いです。
最後まで、温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。
 
福島ファイヤーボンズ
代表 宮田 英治

B.LEAGUEニュースリリースはこちら