MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUEチェアマン 島田慎二氏講演会in郡山を開催しました

[2020.08.08] B.LEAGUEチェアマン 島田慎二氏講演会in郡山を開催しました

いつも福島ファイヤーボンズへ温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。

8/5(水)今シーズンから新チェアマンへと就任した、島田慎二氏に福島へお越しいただき、福島県庁および郡山市役所訪問、社内向け営業指導、そして「地域におけるプロスポーツの価値」をテーマにスポンサー企業様や一般の方向けに講演会が行われました。島田氏と共に迎えるB.LEAGUE 2020-21シーズン、新型コロナウイルスの影響でリーグ開幕に向けて多忙を極める中、福島ファイヤーボンズのためにご尽力いただきましたこと、クラブ一同心より御礼申し上げます。



福島県庁訪問
左から/宮田社長、内堀知事、島田チェアマン、安藤社長



郡山市役所訪問
左から/西田副社長、島田チェアマン、品川市長、安藤社長、宮田社長



第1部 B.LEAGUEチェアマン島田慎二氏による講演会
ソーシャルディスタンスなどに十分に配慮し、多くの地元企業や関係者の皆さまに向けスポーツおよびB.LEAGUEの可能性と将来像を力強くお伝えいただきました。







第2部 パネルディスカッション
島田氏に加え福島ファイヤーボンズオーナー株式会社識学安藤社長、福島スポーツエンタテインメント株式会社宮田の3名によるパネルディスカッションを行いました。



講演終了後、ご参加いただいた方たちからアンケートを実施いたしました。
アンケートの一部をご紹介させていただきます。



 
地域において、特に福島県の地域創生においてプロスポーツの可能性、価値を多くの方に感じていただけた。



B.LEAGUE(福島ファイヤーボンズ)による、福島県の地域創生に期待することとして「スポーツの持つ経済効果」を一番に期待する回答が一番多く、次いで子供たちなど未来に対する期待が高かった。




福島ファイヤーボンズに対して、やってほしい取り組みや改善点については「チーム強化」「ブースターに対して」「地域密着」が多く、それ以外にも「集客強化」や「様々なコラボレーション」等々、今後に向けた我々の課題が明確になった。

 

アンケートにご回答いただいた皆様、ありがとうございました。この機会を生かし、形にしていくのは我々であり、これから福島を象徴し牽引していく組織になることを強く決意いたしました。島田チェアマンの描くB.LEAGUE構想を後押しできるような強い組織になり、コミュニティの可能性を更に広げていきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。


尚、本講演会の模様は映像コンテンツとしてご覧いただけるよう準備をしておりますので、ご興味がある方は下記までお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

福島スポーツエンタテインメント株式会社
TEL:024-927-0777
MAIL:info@firebonds.net
平日 9時00分~18時00分
※夏季休業中(8/8~8/16)のお問い合わせに関しましては8/17以降のご連絡とさせていただきます。



 


 
 


 

RELATED

関連ニュース

2020-21シーズンスポンサー一覧はこちら