MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ご報告】福島ファイヤーボンズ選手新型コロナウイルス陽性判定について

[2021.01.07] 【ご報告】福島ファイヤーボンズ選手新型コロナウイルス陽性判定について

いつも福島ファイヤーボンズへの温かいご声援ありがとうございます。

この度、福島ファイヤーボンズの選手1名が新型コロナウイルス感染症陽性判定を受けたことをご報告いたします。
1月4日に実施致しましたB.LEAGUE第9回統一検査にて、【陽性判定】を受け、郡山市保健所へ連絡し、保健所指示のもと医療機関によるPCR検査を実施。その結果として【陽性判定】を受けました。
現状、当該選手は嗅覚障害があり保健所、医療機関の指示に従っております。

尚、当該選手以外の福島ファイヤーボンズ選手及びスタッフの濃厚接触者については保健所により調査中となりますので、分かり次第お知らせをさせていただきます。1月9,10日に開催が予定されているB.LEAGUE 2020-21 シーズン 第16節 ファイティングイーグルス名古屋戦(宝来屋郡山総合体育館)につきましては、「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条 及び Bリーグ規約 第55条」に則り試合エントリー人数が既定の人数に達した場合通常通り実施されます。

また、1月2,3日にならでんアリーナにて実施された、B.LEAGUE 2020-21 シーズン 第15節 バンビシャス奈良戦の対戦相手バンビシャス奈良選手・スタッフに関して、当該選手の濃厚接触者判断についても合わせて現在調査中となりますので、分かり次第お知らせをさせていただきます。

【今後の対応について】
本事象を受け、選手・チームスタッフ・フロントスタッフの体調管理等、引き続き感染予防策を講じてまいります。
現在、郡山市保健所において陽性判定者の行動歴を確認し、チーム・フロント関係者を含めた濃厚接触者の調査中ですが、現時点で新型コロナウイルス感染症を疑うべき症状等を訴える選手・チームスタッフ・フロントスタッフはおりません。

※B.LEAGUEでは、該当者のプライバシー及び人権保護の観点から、個人名の公開は原則として差し控えております。皆さまのご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


【陽性判定者及びチームの経過等】
1/1(金)
郡山から奈良へ移動
奈良到着後、ホテル内にてチームディナー
36.5度

1/2(土)
アウェーゲーム(バンビシャス奈良戦)
試合終了後、ホテル内にてチームディナー
37.2度

1/3(日)
アウェーゲーム(バンビシャス奈良戦)
37.0度
郡山到着後、帰宅

1/4(月)
B.LEAGUE第9回統一検査実施
36.8度
チーム活動無し

1/5(火)
判定結果
当該選手▶陽性判定 37.1度
他選手・チームスタッフ▶陰性判定
当該選手と他選手・チームスタッフに自宅待機を指示

1/6(水)
保健所指示のもと医療機関にてPCR検査受検
症状:嗅覚障害

1/7(木)
PCR検査の結果▶陽性判定
「リーグ統一検査」+医療機関の「PCR検査」をもって【陽性認定】
症状:嗅覚障害



 

RELATED

関連ニュース