MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 福島ファイヤーボンズ 2021-22シーズンB.LEAGUEクラブライセンスにつきまして

[2021.04.28] 福島ファイヤーボンズ 2021-22シーズンB.LEAGUEクラブライセンスにつきまして

いつも福島ファイヤーボンズへ温かいご声援ありがとうございます。

まずは今回、新型コロナウイルスに罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早いご回復を願っております。
また、私たちの健康福祉にご尽力頂いております医療従事者、介護従事者の皆様をはじめ、様々な分野でご尽力頂いている皆様に心より感謝申し上げます。

本日、2021-22 シーズン B.LEAGUE クラブライセンス判定結果についての発表がありました。福島ファイヤーボンズは、2021-22シーズンに関して、B1ライセンス判定となりました事をご報告致します。
今シーズン、オーナー会社でもある株式会社識学様のもと再スタートさせ、東日本大震災から10年という区切りの年でもありました。福島ファイヤーボンズはB1昇格を目標にスタートし、株主・スポンサー・ブースターの皆様に多大なるご協力を頂きシーズンを戦って参りました。
また、新型コロナウイルス感染症が全国に拡大していく中、ホームゲーム会場にて、感染対策や有観客数の制限等通常のシーズンとは違う運営に関しても多くの方々のご理解をいただき、ここまでシーズンを戦ってこられました。
ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

今回、B1ライセンスを取得出来たのもB.LEAGUEを始め、株主・スポンサー及びブースターの方々から大変多くのご指導・ご鞭撻を頂いた結果であり、福島ファイヤーボンズは、まだまだ課題が多いですが一歩一歩前進していきます。現在、プレーオフ進出を目指し試合を残していますが、今回のB1ライセンス取得により、B1昇格が現実味のある目標になりました。福島県でトップリーグに所属するプロクラブとなるべく努力をして参ります。今以上に子供たちや県民の方々にスポーツで笑顔を届けられる存在となるべく邁進して参ります。今後とも福島ファイヤーボンズをよろしくお願い致します。

福島ファイヤーボンズ 代表取締役 宮田 英治