MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUE 2021-22シーズン 福島ファイヤーボンズロスター決定のお知らせ

[2021.06.29] B.LEAGUE 2021-22シーズン 福島ファイヤーボンズロスター決定のお知らせ

いつも福島ファイヤーボンズへ熱い応炎をありがとうございます。

本日、B.LEAGUE 2021-22シーズン 福島ファイヤーボンズのロスターが確定しました。
今シーズンは日本人選手10名、外国籍選手3名の選手13名、チームスタッフ7名で「B2優勝」「B1昇格」へ向けクラブ一丸となり、全力で戦ってまいります!
今シーズンも熱い応炎をどうぞよろしくお願いいたします!



 

B.LEAGUE 2021-22シーズン 福島ファイヤーボンズロスター




背番号0 
エリック・マーフィー 選手
背番号1 
ジェームス・ウォールジャスパー 選手
背番号5 
友利健哉 選手
背番号6 
長谷川智伸 選手
背番号8 
村上慎也 選手
背番号9 
神原裕司 選手
背番号11 
山内翼 選手
背番号12 
アレックス・マーフィー 選手
背番号16 橋本尚明 選手
背番号21 
菅野翔太 選手
背番号30 
水野幹太 選手
背番号32 
市岡ショーン 選手
背番号42 
ジェイソン・ウォッシュバーン 選手
HC 
森山知広 ヘッドコーチ
AC 
佐野公俊 アシスタントコーチ
AC 
栗原 貴宏 アシスタントコーチ
AT 三田泰成 アスレティックトレーナー
SC 首藤甲子郎 ストレングス&コンディショニングトレーナー
SC 助川幸太 ストレングス&コンディショニングトレーナー
MG 小長井亮兵 マネージャー

 
 

森山知広GM兼HC コメント

[2021-22シーズン チーム編成について]

新シーズンの選手ロスターが確定しました。
先ず、2020-21シーズンで退団となった6名の選手に対し、一言述べさせて下さい。
オンコートでは、PURPLE PRIDEを胸にどんな時も最後まで諦めず福島の為に戦ってくれました。
オフコートでは、地域や未来ある子ども達の為に様々な活動に積極的に参加してくれました。
共に過ごした時間は我々クラブにとって貴重な財産であり、感謝の気持ちでいっぱいです。
彼らは福島ファイヤーボンズの歴史です。各選手の今後のキャリアが素晴らしいものになることを祈念しております。

新シーズンの編成をする上で、安藤オーナーと西田代表からいくつかリクエストがありました。
それを踏まえつつ、「B1昇格」を果たす為に必要な課題克服と強化が可能な選手をリクルートしました。
併せて、今まで大切にしてきた“福島らしさ“の部分も重要視しています。
継続が6選手、新加入が7選手、計13選手の編成となります。
B1経験者が6名、代表経験者が3名、と“経験“も豊富な編成になりました。13名編成の理由は、3つあります。

①健全な競争環境を作ること
(13名編成)これは、試合時のベンチ登録から1名外れることを意味します。
練習・トレーニングの段階からプレータイムを競う環境を構築し、全体のレベルアップを図ります。

②選手層を厚くすること
近年、他クラブの編成もかなり強力な陣容になっています。
対戦数のレギュレーションも変更となりますので、選手層を厚くし、戦術的にも幅を持たせることができ、柔軟に相手に対応できるようになります。

③怪我・コンディション不良による離脱の影響を最小限にすること
選手の怪我や外国籍選手のシーズン中の入替えリスクを考慮し、また突発的な問題が発生することも想定し、チーム力が著しく低下する事態を避ける為です。

新シーズンの目標は「B1昇格」です。
B1昇格を果たす為には、チームとして一歩一歩成長する必要があります。選手・スタッフが自身の役割を果たし、1つ1つタフに積み上げていきます。
全てが順調に行かないかも知れませんが、どんな状況でも言い訳せず、ハードワークしていきます。
60試合+プレーオフをブースターの皆様と共に歩んで行きたいと思います。最後になりますが、新シーズンの編成においては、メンバーが大幅に変わります。その中で、ファイヤーボンズの理念を理解し、コート上で体現することは簡単ではありません。応援してくださる皆様の期待に応え、コロナ禍でもバスケットボールができることに感謝し、「福島のシンボル」になるべく戦ってまいります。ご紫援・応炎のほどよろしくお願いいたします。



 

代表取締役社長 西田創 コメント


2021-22シーズンのロスター決定に際し、福島で戦うことを決意してくれた全ての選手・スタッフに感謝と敬意を表します。
森山GM/HCとは昨年の課題点を正面から受け止め、次シーズンのB1昇格に向けてあらゆる想定をしながらチーム編成を行ってきました。
森山GM/HCを今年から新たな役職に就けることで、コーチ陣にも厚みを持たせ、チームの軸を明確につくり、戦略の幅を広げ、健全な競走環境が醸成されると考えております。
長いシーズンのなかで、様々なことが起こると思いますが、このチームであれば困難を乗り越えてくれると信じています。
新生福島ファイヤーボンズへのご紫援をよろしくお願い致します。

 

2021‐22シーズン ブースタークラブ会員募集中!
詳しくはこちら▼