MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > みんなでつくるBONDS UP ! ユニフォームプロジェクトのお知らせ

[2021.08.31] みんなでつくるBONDS UP ! ユニフォームプロジェクトのお知らせ




いつも福島ファイヤーボンズの応炎をありがとうございます。

この度福島ファイヤーボンズは、9月下旬よりクラブとして三度目となるクラウドファンディングに挑戦します。

そして、クラウドファンディング限定発売となる「BONDS UP ! ユニフォーム」制作が決定いたしました。

新体制発表会で発表いたしました、今シーズンのテーマである「BONDS UP ! 」には「福島県に支えられる存在から、福島県を牽引する存在へと成長を遂げ、”誇れる福島” をつくるシンボルとなりたい」という想いが込められています。
そのため、今回の「BONDS UP ! ユニフォーム」はその「決意表明」となる特別ユニフォームです。
福島県のシンボルをあしらうことで、クラブが『誇れる福島のシンボル』になることを表現します。

デザインは下記の中から「投票」を行い、皆さまと共に選定し、2022年3月12日(土)・13日(日)のホームゲームにて、実際に選手が着用してプレーします。 皆様からお選びいただいたBONDS UP ! ユニフォームで、福島の皆さんとの絆 (BONDS) をより高め、『誇れる福島』を共に作り上げていきましょう。

※投票期間は8月31日(火)18:00~9月3日(金)23:59までの4日間です。
ユニフォームは9月下旬公開予定のクラウドファンディングにて発表・限定発売を行います。

※デザインは多少変更になる可能性があります。


 

デザイン案

 

赤べこモチーフ



厄除け、疫病退散の縁起物として長年愛されてきた会津伝統工芸・赤べこをデザインモチーフにしたデザイン。
トップスは赤べこの顔を正面から見た姿をイメージし、闘志を込め「にらみ」をきかせ、対戦相手に打ち勝つ願いを込めました。 ボディ全体を包むのは、今季のスローガン「1UP」を図案化したパターン。
さまざまな困難に打ち勝つ闘志と、ひとつひとつ職人の手で造られてきた赤べこの温かさを身に纏うユニフォーム案です。


 

桜モチーフ



桜が一斉に咲き誇る姿から、桜を用いた文様には「繁栄」や「豊かさ」の意味が込められています。
チームのみならず、ブースターや福島の繁栄を願い、桜のモチーフを使用しました。
桜は折り重なる花の様子を模し、亀甲を縁取った縁起のいい和紋「桜亀甲」をボディに散りばめました。
福島県は各地に桜の名所があります。コートに咲く桜(選手)を観た人が、それぞれの思い出に残る福島の桜を想起できるようなデザイン案です。


 

キビタキモチーフ



福島県の鳥である「キビタキ」が羽を広げる瞬間と、選手の躍動する瞬間を重ね合わせたイメージ案です。
キビタキは福島ファイヤーボンズのオフィシャルキャラクター・ボンズくんのモチーフにも使われており、ブースターにも、福島県にゆかりのある方にも親しみ深い鳥です。空中を自由に飛び回って狩りをする姿を、自由にコートを駆ける選手達になぞらえて、腕を広げた時に覗く羽のモチーフをポイントに入れています。
今季のスローガン「ONE UP」を図案化したパターンと、羽の図案と組み合わせることで、Bリーグ1部への上昇の願いを込めました。


▼ 打ち合わせの様子



 

投票期間・投票方法

8月31日(火)18:00~9月3日(金)23:59

下記のGoogleフォームよりご投票ください。
  ※投票フォームからは期間中、お一人様1回限りご投票いただけます。

 

結果発表・販売方法

クラウドファンディング公開時にデザイン発表 (9月下旬公開予定)

 

特別特典

投票いただいた方の中から抽選で下記の商品をプレゼント!

・全選手サイン入り BONDS UP ! ユニフォーム (1名限定)
・着用試合アリーナ自由席引換券 (10名限定)  
※3月12日・13日の中からお選びいただけます。


 

着用試合

2022年3月12日(土)・13日(日)
vs 越谷アルファーズ
@宝来屋郡山総合体育館