MENU

福島ファイヤーボンズ

FUKUSHIMA
FIREBONDS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2019-20シーズン 財務課題の現状について

[2020.02.27] 2019-20シーズン 財務課題の現状について

いつも福島ファイヤーボンズへ温かいご声援をいただきまして、どうもありがとうございます。

2019-20シーズン財務課題の現状について、福島スポーツエンタテインメント 代表取締役 宮田英治より、皆様へご報告させていただきます。

 

2019-20シーズンのスタート時点において課題でありました債務超過6,300万円について、2019年11月27日の記者会見にて、残り約4,300万円の債務超過解消が課題との報告をさせて頂きました。
その後、スタートさせていただいた応援支援金では、ブースターの皆様をはじめ、各行政や企業・団体様等、本当にたくさんのご協力・ご支援の輪が広がり、また、3rdユニフォーム製作に関するクラウドファンディングでは、NEXTGOALをはるかに上回る金額を達成することができました。

    応援支援金:¥2,373,388円(394口)
    3rdユニフォーム製作クラウドファンディング:¥4,090,000円


これら全て皆様より頂戴した心温かいご支援、心より感謝申し上げます。
なお、新たなスポンサー、出資企業様からのご支援、また運営上の経費の見直し削減を進めた結果、1,000万円を超える収支改善が進んでおります。
さらに、現在も新規のスポンサー、出資にて検討を頂いている企業様もございますので、残りの債務超過解消を断念すべき状況では決してございません。具体的な企業名や金額などの詳細は、現在ご報告できる段階ではございませんが債務超過解消に向けて進めております。ご報告できるタイミングになりましたらお知らせいたしますのでご了承下さいますようお願いいたします。

残りホームゲームにおきまして、より多くの皆様に会場にお越し頂き、選手たちに大きな声援をくださいますようお願い致します。ここまで多くの株主、スポンサー、ブースターの皆様から様々な場面にて、たくさんのお言葉を頂戴しました。改めて感謝を申し上げるとともにB2残留に向け、フロントスタッフ一同、最大限の努力を続けて参りますので、今後とも福島ファイヤーボンズへの応援の程、よろしくお願い申し上げます。

福島スポーツエンタテインメント株式会社
代表取締役 宮田 英治

 

クラウドファンディング目標額達成の御礼

2019-20シーズン 3rdユニフォームデザインページ
 

RELATED

関連ニュース